これまでの経緯

私は大学卒業後、2年間法律系資格の取得浪人をし(半分ニート)
1年間フリーターをした後にマンションの管理会社にフロントマンとして
契約社員として入社した。
これは単に浪人していた時に取得した資格(管理業務主任者)
が役に立ちそうだったということだけである。

この業界は、求められる能力の水準は高い(事務能力、会計知識、建築・土木・庭園法律・法令、ビル設備、接客、プレゼン能力等)
が、賃金が低く、また強いストレス耐性も必要な職種であり
原則カレンダー通りの勤務だが休日出勤も非常に多かった。
だが、自分は多くの人が嫌う現場仕事ではなく、オフィスでスーツを着て働けることに喜びを感じていた。

しかし、前述のとおり強いストレス耐性が必要であり、会合の場面で
糾弾やつるし上げに近い場面に晒される場合や、理不尽なクレームを
何か月に渡って抱えるようなことも頻繁にあった。

そのために、現場職員の入れ替わりは激しかった。
また、正社員であっても上司に泣きついて配置転換を希望したり
休職になるような場合も多かった。

だが、若輩だった自分は、その怖さがなにもわからなかったら
最初のうちはなんにでも思い切って出来た。
とにかく必死になんとかしようと思って仕事をした。
そのことから一定の評価を得て自分も満足していた。

肝油ドロップ 120粒価格:1,707円
(2020/7/24 19:50時点)
感想(0件)

そして、失敗したもの、脱落したものを
影でだらしがない、根性がない、情けない
とあざ笑い、できない人間のレッテルを張る事も多かった。
自分もそれに感化されていた。

私は、ずっとできる人間側でありたいと思った。できない人間にはなりたくなかった。そのため、経験を積むうちに失敗を恐れるようになった。

もちろんこれが、いい面に作用することもある。
何事にも慎重になったからである。
一方で対応にとても怖くなってしまう事例も増えていった。
こうして、何事にも深く考えを張り巡らし
いつも最悪の事態を想定したため、精神は疲弊していったように
今考えると思う。

それは、睡眠に顕著に表れた。最初のうちは何もせずに
すぐに眠れていた。寝つきはいいほうだったと思う。
後述するが、別件で心療内科に既にかよっており、そこで夜眠れているか?と聞かれなんで関係ないことを聞いてくるのか不思議に思っていた。
この時は、睡眠の重要さに全く気付いていなかった。
しかし不眠はジワリと表れてきた。睡眠薬の量の増加という形で・・・。
これが明確なサインだったのだ。

ミントバタフライピー 10包 10包おまけ ティーバッグ 青いお茶 ブルーティー アンチャン茶 蝶豆花茶 青いハーブティー SNS話題 色が変わる タイ花茶 健康茶 フレーバーティー ペパーミント【ポスト投函】【セール】【ミント購入者限定★レビューを書いておまけ】価格:500円
(2020/7/24 19:30時点)
感想(0件)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする