何故、会社に行けないのか

思えばこれまでも、多くの不安を抱えていた。

毎日、朝電車で今日イヤなことが起きないよう
トラブルが起きないよう、クレームがこないよう祈っていた。
何もなければ、帰りの電車んで安堵していた。

会社では、見知らぬ番号が電話のディスプレイに移れば
クレームじゃないかと不吉な予感を感じ怯えていた。

また、数年後に大きなプロジェクトが予定されていて
そこでは、クレームもまた半端ではない事が予測された。
それまでに、会社をどうするかは本気考えていた。

今回の事件が、たまたま引き金となっただけで
これまでの様々なことが積み重なった結果であると思う。

対面・電話・メールまで クレーム対応「完全撃退」マニュアル100業種・5000件を解決したプロが明かす23の技術【電子書籍】[ 援川聡 ]価格:1,485円
(2020/7/25 11:45時点)
感想(0件)

何故、こうなってしまったのか。

例えばクレームを受けるについても
怒鳴られても平気な時もあるし、
丁寧な口調であっても心にダメージを追ってしまう場合もある。

つまりは
①クレームがその事案や会社の在り方に対するものであれば何を言われても
 ダメージを受けることがない
②自分個人に対するものであると酷く落ち込んだりする。

はっきりとは言えないが、上記のことが当てはまると思う。
自分の場合は相手の真意とかは関係なしに、
上の②と勝手に捉えてしまうことが多かったのだと思う。
そしてそれは、自分のことが嫌われているというシグルナに読み取ってしまうのだ。

自分は、クレームの受けた経験を糧にすることができず、
またクレームが来たらどうしようと怯えいた。次のクレームの心配ばかりするようになっていた。

クレーム処理は誰にとってもイヤなものである。
それでも心の整理をつけてやらなければならない。
自分には、それができなかった。
これは、クレームだけではなく、同僚との人間関係でも同じだ。
何をしても、自分が嫌われてしまったのかという心配になってしまうのだ。
自分が傷つくことが何より怖かったのだと思う。

こうした負のスパイラルを貯めこんでしまった結果が今回の事例になってしまったのではないか。

【クーポン発行中!】酸棗仁湯 サンソウニントウ 煎じ薬 10日分 心身の疲れや精神不安のある方 不眠症 神経症 薬局製剤 さんそうにんとう価格:4,900円
(2020/7/25 11:41時点)
感想(0件)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする