診断書を出しに会社に行く

休職のため診断書を会社に提出しなければならないのは前述のとおりである。
休職は最大3か月だが、最初は様子見のため1か月毎であり
毎月診断書を出す必要があった。

1か月目は、会社近くの喫茶店で面談し診断書を手渡した。
その際に、次は会社にきてみたらどうだという話があった。
会社に出社しづらくなることがないようにとの配慮だろう。

私は、どう返事するか迷ったが、1か月後の話だし
いずれ復帰することも考えて、来月は会社に行くことにした。
この時は、それほど深刻には考えていなかった。

1か月は、すぐに経過してしまった。なにもしていないから当然である。

1か月ぐらいの休養でそう簡単に、しかも休職中に出社するのは難しい。
診断書を取る際に、主治医に休職中に会社にいくべきか相談した。
もしかしたら、いってはいけない!と言ってるくれることを期待したのだが
いけるのならば行ってもよいという回答だった。がっくりした。
結構行ってる人もいるみたいな話をしていたが、本当だろうか。

たった2か月で、それも診断書を置いてくるだけの出社にこれほど
気後れするとは思ってもみなかった。
随分と会社が遠い場所に感じられる。
これまで平然と通っていたのがウソだったように思う。

会社に行く日は決まっていなかった。こちらから連絡をとることになっていた。

予定を決めてしまえば、その時までずっと恐怖していなければならい。
そのため、思いたった日に、電話して勢いにまかせて行くこととした。

ある晴れた日に、意を決して会社に行くこととした。
久々のスーツを着て、髭を剃った。

電車に乗って会社近くまでいくと、同僚に出くわさないか気が気ではない。
こんな調子で本当にに行けるのだろうか。
なんでこんな試練を果たさなければならないのか、自分は休職中なのになぜこんな思いをしなければいけないのか。迂闊な返答をした自分を恨んだ。

マナーパック / エチケット袋【20枚セット】|乗り物酔い/嘔吐/ペット/幼児/介護価格:1,000円
(2020/7/25 21:18時点)
感想(20件)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする