会社を辞めるのか真剣に考える

前回の上司との面談で今後どうするかを次回(3か月後)までにはっきりすると
宣言した以上、今後の方向性をより真剣に考える必要に迫られた。

会社を辞めることに対するメリットデメリットを書き出してみた。

メリット、辞めることに対する肯定意見
・会社での対人関係、クレーム処理の恐怖
・休職への罪悪感から開放される。
・もう会社をどうしようとか考えなくていい。
・元々10月で辞めるつもりだった。
・同僚との人間関係や職務内容を考えると続けるのは無理だろう。
 それなのに傷病手当を貰い続けるのはどうしたものか。
 そもそも復帰時のつらい日々をもう一度送るのは苦しい。
・さっさと会社を辞めた人たちはスッキリとしていた。
・体調の不良は会社に在籍しているからという可能性もある。
 やめたらすっきりして治るかも?
・やめても失業保険がある。
・自分がどうしようか会社の人には関係のない話だ。
・辞めれば新しい職場や仕事を発見できる楽しみがある。
・もう病気でもないのに、会社にいてお金をもらっているのは卑怯ではないか。
・他所でも問題なく活躍できるだろう。
・もう十分会社には世話になった。
・やめて本当の将来を考える時期だろう。

デメリット、辞めることに対する否定的意見
・疾病給付金がもらえなくなる。
・年金・税金・健康保険等の手続きをやらなくてはならない。
・会社をどうするか悩み続ける必要がある。
・ずるく会社に居残ってる人もいる。
・新しい職場を探すのは困難が付きまとうだろう。
・やめるためには会社に行く必要があり、また嫌な思いをしなければならない。
・嫌な奴に負けた形になるのは悔しい。見返してやりたい。
・上司には恩義もあるし、また一緒にやりたい気持ちもある。

辞めるにしても、なんと言って辞めるのがいいだろうか。
体調は回復していると思う。これ以上は回復はしないだろう。
症状とは一生付き合っていく必要があると思う
その上で、会社の人間関係や、職務を考えても多分こなすことはできるだろう。
しかし、今の仕事を一生の仕事とするのは無理かもしれない。

どうであれ、1年休んだ自分の面倒をみてくれた上司・会社にはお礼を言いたいと思う。


メンタルヘルスランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする