上司への挨拶

会社では本当に様々な人に巡り合った。
一緒に仕事をする上司・同僚もかなりの回数変わった。

皆部署の異動やプロジェクトの終了でバラバラになってしまったが
同じ会社であればたまに顔を合わす機会もあり、昔話もできた。

それも会社に在籍していればの話である。
会社を辞める時に同じ事務所にいれば、退職の日に挨拶ができたのだが
違う場所にいたらそうはいかない。

自分が会社を辞める理由もあまり喜ばしいことでもないため
挨拶をしないという選択肢もあったのかもしれない。

しかし、自分は本当にお世話になった人や可愛がってもらった上司
には、退職をどうであれ伝えるべきであると思った。

だが、ラインや電話等では相手もなんらかの対応をしなければならない。
冷たい反応をされれば傷つくし、同情されたくもない。
なにか矛盾しているようだが、とにかく一方通行で
退職する旨だけは、伝えたい人がいたのだ。

色々思い悩んだ結果、ハガキがいいだろうという結論になった。
メールやラインは返信が煩わしいだろうし、手紙だと重すぎる。

文章は、ネットにある退職挨拶のほぼコピペで
文字だけなのでまるで喪中ハガキのようだったが
これでいいだろう、一読して捨ててくれるだろうと思った。

これを受け取った人がどういう感想を持ったのかはわからない。

会社はやめてしまったが良い人との縁は何かしらの形で
残ってほしい。そういった思いを込めて送ったつもりだ。
自分の真意が伝わったと信じたい。


メンタルヘルスランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする