短気は起こすな

前職の2年目くらいだろうか
上司に理不尽(当時はそう思ってた)
に怒られたことがあった。
なんで、自分がこんなに大変なのに
自分のことを怒るんだ、と頭がいっぱいになり
もうやめますといって退職願を出したことがあった。

上司(課長)は、そういうことをいってるんじゃない
といって受理はされなかったのだが。

その時、自分はとにかく、手一杯でもう
仕事はできないと思っていた。
その時も、何時間かだれもいない
オフィスで佇んでいた。

そんな中、自分の部署を揺るがす大事件がおきて
部長も体調を壊して、療養するという事態になった。
部長は自分と上司(課長)とのやりとも知っていたらしく
自身も大変な時期なのに
療養に入る前に自分に一言声をかけてくれた。

辛いこともあると思うけど
短気だけは起こすなよ

下っ端の自分にこんなことを言ってくれて
とてもありがたかった。

これ以降、なにかの分岐の時には
「短気は起こしていないかと」と気にかけるようになった。

おかげかどうかはわからないが
休職しても退職の時も会社と喧嘩別れだけはしなかった。

今でもたまにこの話のことを思い出す。

その部長とは、その後、もう会う機会はなかったのだが。

自分にとっての人生の金言である。


メンタルヘルスランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする